お久しぶりです!!

| コメント(0)

長い間ご無沙汰をしている間に
時は流れ、季節はめぐり雪の季節になってしまいました。
10月10日思わぬアクシデントに慌ただしい日々が訪れ
気付けば秋が通り過ぎていました。

その間ブログ更新できず、ご心配をおかけしてしまい、
申し訳ありませんでした。

私は元気です!!

さてさて街は既にクリスマスでいっぱいですね!!

先日「とっとり花回廊」のイルミネーションを観に行ってきました。
とっても綺麗でしたよ
土日には花火もあがるそうですから是非お出かけになってみて下さい!!

そこで吹野もクリスマス!!
恒例となりました種ゆかりさんのテディベアの展示を始めますよ☆

今年はテディベア教室の生徒さんたちの作品も並びます。
それぞれの作り手によって同じテディベアでも
少しずつ表情が変わります。
そんなところも愉しみながらご覧いただければと思っています。

12月14日(土)から25日(水)まで開催します。

お誘い合わせの上おいで下さいますようお待ちしています。

恒例 染織展

| コメント(0)

ご案内が遅くなってしまいましたが、今年もまた
服部麻知子染織教室の仲間たち展を開催しています!!

麻知子先生の生徒さんたちの一年かけて製作された
想いのこもった作品が所狭しと並び、いつもの吹野とは
一味違う吹野になっています。
生徒さんたちの想いのこもった作品は、勿論非売品ですが、
先生の作品はお求め戴けます。

先日来られたお客様は「この糸でこの作品を」と特注されました。
勿論そんなことも有り!!なんですよ(^^)

麻知子さんの人柄に惹かれて毎年訪れて下さるお客様も
大勢いらっしゃいます。

先生はいつもいらっしゃるわけではありませんから
出会えた人はラッキーですよ!!

この機会に機織りに挑戦してみようという方も
是非お運びください(^^)

作品展は30日水曜日まで開催しています。

皆さんのお越しをお待ちしています(^^)/

 


 

「大倉陶園」

| コメント(0)

大変ご無沙汰を致しました。
9月も残り少なくなり、日中はまだ暑さを感じますが、
朝夕はすっかり秋・・・という涼しい風が吹くようになりましたね(^^)
皆さん元気にお過ごしでしょうか?!
夏の暑さ知らずの釧路のサッチャンからは10月に鳥取へ来る(じぇじぇ)
という便りが届き、何十年ぶり?の再会を愉しみにしているところです。

さて久々のブログ更新は「陶器展」のご案内となりました。

日本の最高級の洋食器と賞される「大倉陶園」のコーヒーカップを
珈琲屋吹野にて展示販売という企画です。

「大倉陶園」は、1919年(大正8年)の創業以来、
大倉孫兵衛、和親父子の精神にそって一貫して美術的評価の高い
磁器を作り続け、皇室御用達を始め諸外国より"セーブルのブルー
オークラのホワイト"と賞賛され、色の白さ磁器質の硬さ、
肌のなめらかさは他の追随を許さず、日本における
最高級の洋食器メーカーという高い評価をえています。

その美術工芸品と呼ぶに相応しい伝統技術による絵付、
そして器の形もとても扱いやすく、私も大好きなカップです。
何より誇れるのは金飾が何年使い続けても剥がれないことです。
これは世界のどこのメーカーも真似のできない技術であると
いわれています。

この大倉陶園のコーヒーカップの中から
比較的お求めやすい価格のものを十数点選び
珈琲屋吹野にて展示販売をさせて戴くことになりました。

是非この機会に、大倉陶園のカップをご覧戴き
ご家庭でもご愛用戴ければと思います。

展示品以外にも「カタログ」の中からご希望のものがありましたら
お取り寄せすることも出来ますので、どうぞお出かけ下さい。

期間は10月1日(火)~16日(水)です

皆様のお越しをお待ちしています

 

風は秋色

| コメント(0)

久しぶりの更新です。
あまりの暑さに思考回路が停止し、物語を綴れなくなっていました(笑)
皆さんはいかがでしたか?!
お元気でしたでしょうか?!

数日前から漸く秋の気配が感じられるようになり、
近況をお知らせするべくパソコンを開きました。

この夏も、色々な愉しいことや懐かしい人に会えました。
5年ぶり(?)の京子さんは千葉在住。
お父様の転勤で高校まで米子で過ごし、私との接点は中学校。
彼女は1学年下でした。
部活が同じ?とか、家が近所?というわけでもない不思議な縁ですが、
卒業して40年以上経つというのに未だに懐かしい交流が続いています。

5年毎の高校の同窓会で米子へ帰って来ると、まるで実家のように
珈琲屋吹野を訪れてくれます。
そう、彼女には米子へ帰って来ても帰るべき実家は米子には無いのです!!

幼馴染と隠岐の島や大山を満喫し、愉しい夏休みを過ごした笑顔は
とても爽やかで、リフレッシュして元気に千葉へ帰って行きました。
「千の葉パイ」御馳走様でした、美味しかったです!!


そして、神戸の尚ちゃん・・・
鳥大を卒業して故郷に帰り、お医者さんになってお嫁さんになって
何度となく訪れてくれていましたが、今年は久しぶりの再会になりました。
実は2年前に来てくれていたのに、吹野臨時休業の為に会えなかった・・・
という事実が判明!!

2年前、吹野の30周年をこのブログで知り、駆けつけてくれたとか・・・
なのにお休みしていて本当にごめんなさい!!
これは近所にある「葡萄屋」さんからの情報と一致した出来事なのですが、
2年前「どうして吹野は休んでいるのか?」と葡萄屋さんを訊ねてきた人が
いたと聞き、とても残念そうに帰られましたよ、と教えられたのですが、
どこの誰かさっぱりわからず、2年が過ぎていました。
2年ぶりにやっとその「謎の人」が尚ちゃんだとわかってスッキリ!!

卒業してもう何年も経つのに未だに米子を故郷のように大切に想ってくれていて
とてもとても嬉しいです!!

それから中学一年生のファンも出来ました!!
「昭和」が大好きという男の子でした。
吹野には昭和の香りがすると感じてくれたようです(笑)

吹野大好き!!な小学生、タイガくんも、夏休み中に
お母さんと来てくれました。
タイガ は 「大雅」と書くと教えてくれました。

若いお客様が増えることはとてもありがたいことであります。
これからの吹野を支えてくれる若手に大いに期待しているのであります(笑)

8月も終わりに近づきました。
空には鰯雲、風は秋色・・・
涼しい秋がすぐそこまでやって来ています。
もう少し、この暑さに耐えましょうぞ!!
 

 

「お達者落語会」

| コメント(0)

毎日暑い日が続いていますが
みなさんお元気ですか?!
年々記録を更新する気温を見ているだけで
全身から汗が噴き出すような気がしませんか(笑)

そんな暑さを吹き飛ばさんと、先日南部町という所で
「お達者落語会」が開催されると聞き出かけて来ました。

嘗て当店にて開催しておりました「紫陽花寄席」に
ご出演下さっていた春雨や落雷師匠のライフワークが
この落語会で全国を飛び回って開催されています。

昨年6月に真打に昇進なさった師匠の落語を
久々に聴きたくて最前列の席を陣取り齧り付きで
大笑いをして来ました。

「紫陽花寄席」の時より更に腕をあげられ
それはそれは堂々とした真打ちの見事な高座に
拍手喝采をおくりました。
勿論南部町の皆さんの笑い声も大きく伝わってきました。

この「お達者落語会」はこの落語の後のお楽しみがあります。
それは、元々整形外科のお医者様だった師匠の経歴を
活かした健康についてのお話があるのです。
今回私はそれを何より楽しみに出かけたのですが、
行った甲斐がありました!!

師匠は落語の時よりこのお話の時の方が
生き生きしていらっしゃいましたよ(笑)

お話の内容は笑いと健康の関わりについてです。
人は皆体内に癌細胞を持っているのだそうです。
それが病いの核となる癌細胞にならないように
戦ってくれるのがNK細胞というものだそうです。
これもまた誰もが体内に持っている細胞なのです。
そのNK細胞が笑うことで活発になるというのです!!

これは医学実験で立証されていることだそうです。

そういうお話を師匠は面白おかしくお年寄りにも
解りやすいように楽しく語られました。

もしも1日何にも楽しいことが無かったという日でも
嘘笑いでもいいから1日3回はワッハッハッと笑って下さい
そう言うと師匠は自ら大きな笑い声を発し、
ハイタッチをしながら場内を走り回られました!!

とても元気な師匠に笑いと元気を戴き
本当に愉しいひと時を南部町のみなさんと共有しました。

最後に楽屋訪問をさせて戴き師匠の大好きな
珈琲をお届けすることも出来、3年ぶりの再会も
果たすことが出来ました。

いつかこの企画できたらいいな~なんて思いながら

皆さんも毎日大いに笑ってNK細胞をどんどん増やし
癌細胞をやっつけちゃって下さいね(^^)v

<前のページ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

最近のコメント

アイテム

  • siho.jpg
  • fukino-t.jpg
  • fukino-a.jpg
  • 9.jpg
  • 5.jpg

メールマガジンの購読

次のフォームからメールアドレスを登録するだけで、このサイトのブログをメールで受け取ることができます。どうぞご利用ください。


メールマガジン購読解除

メールマガジンの購読を解除するには、次のフォームにメールアドレスを入力して「購読を解除」をクリックしてください。


.