20171008.jpg2017年10月11日より3日間開催される。東京国際メガネ展にて、発表されるフォーナインズの新作メガネフレームは、10シリーズ 21モデル 119アイテム。

フォーナインズらしいフレームたちをこの目で確かめ、チョイスしてきます。

日常使いのスポーツテースト満載のメガネフレーム

日常も使えスポーツテースト満載のフレームを求める男子が増えている。

今回は、そんな男子たちにスタイリッシュなジャポニズムJN576とJN592を紹介しよう。

顔にピタリとフィットするハイカーブデザインでありながら、 通常のレンズでピタリと収まるレンズマウント方式。

スポーティ感を顔に沿ったフレームの横ラインが演出している。

テンプルに板バネを仕込み激しい動きにも対応。IMGP3921.JPG

IMGP3922.JPG IMGP3924.JPG IMGP3927.JPG

JN592

IMGP3925.JPG IMGP3926.JPG

フォーナインズのサングラスフィールサンを度入りサングラスにしてみた。

60-17と大きめのサイズに顔にピッタリカーブのサングラスなので、

近視用のレンズを入れるとレンズの厚みが気になると思っていたが・・・。

9mm厚のレンズもピッタリ収まりF-02NPIの別の機能性に驚いた。

(下写真は通常のレンズです)

f02mpi-4.jpg

顔に沿うハイカーブレンズは、通常のレンズより厚くなってしまうので、

仕上がりを想定しながらレンズを選ぶ必要がある。

f02mpi-1.jpg

F-02NPIは、7mmのアセテート生地から切り出し6カーブの曲面仕上げともに

別仕立てのナーロールタイプのレンズマウント構造を採用している。

この構造が、レンズが厚くても全く気にならないという意外な効果をもたらしたのです。

f02mpi-2.jpg

F-02NPIは、もっともフォーナインズらしいサングラスだ。

これほどまでに手の込んだサングラスの製造は、

難しくなってきている。

f02mpi-3.jpg

通常の透明レンズを組み込んで普段使いも魅力的。

ただし、度数とお顔の小さい方にはお勧めしません

JULBO(ジュルボ) スポーツグラス取り扱いスタート

フレームは通常のプラスチック素材ではなくナイロン樹脂を用い弾力性に富み、

温度差があっても伸び縮みしにくい素材のため、過酷な環境下でも使用できます。

レンズはポリカーボネート素材を使用し、

通常のメガネレンズでは考えられないほどの衝撃強度と紫外線カット率を誇り、

登山やアウトドアで確実に目を保護してくれます。

julbo.jpg

JULBO(ジュルボ)は、125年以上の歴史を経て世界中のアウトドア愛好家から高い評価を得ています。

サングラスらしくないサングラスが、静かなブームになっています。

街歩きや自転車でのサングラス使用が増えているためです。

濃サングラスは、車の運転なら平気だけれど「街歩きや自転車に乗るには少し大げさすぎる」「恥ずかしい」と、

言う心理が働いているようです。

少し大きめのメガネフレームに、淡い色合いの偏光レンズを入れて作る女性も増えています。

go902-3.jpg go902-2.jpg go902-1.jpg

今回は、上写真と下写真の2タイプをご紹介します。

go889-2.jpggo889-3.jpggo889-1.jpg

この季節のドライブ時に、最高に役に立つのがサングラス。

眩しい光は目を刺激して脳を疲れさせます。

サングラスを掛けたいけれど外した後に・・・。

跡が付いたりファンデーションが落ちるから眩しさに我慢しているという女子も多いことでしょう。

この夏、静かなブームになっている鼻あての無いサングラスは如何でしょう?

20170723.jpg

鼻あてがなくても大丈夫です。

サングラスがずれないように、両サイドのテンプルにしっかり仕掛けが用意されています。

激しいスポーツには、不向きですがドライビングならホールドしてくれます。

専用ケース付き ¥13,500

フレームカラー6色、サイズは2種類、お顔に合わせて選べます。

20170723-a.jpg