軽くて丈夫なチタン素材をフロントに使ったシンプルなモデルですが、

特殊な構造をしたリムの正面と側面に、ポイント色となる七宝を流し込み

ベセペセらしい色遊びを楽しんでいただけます。

bp3218-2.jpg

3番カラーは、正面に濃い目の青紫色を施し、

側面に流し込んだ赤紫色の七宝がアクセントカラーです。(下写真)

bp3218-4.jpg

bp3218-3.jpg

5番カラーは、金色をベースに正面に黒に近い緑紺色を施し、

側面に流し込んだ緑色の七宝がアクセントカラーです。(下写真)

bp3218-8.jpg bp3218-7.jpg

1番カラーは、正面に落ち着いた赤色を施し、

側面に流し込んだ紫色の七宝がアクセントカラーです。(下写真)

bp3218-6.jpg bp3218-5.jpg

25,000

シューズで知られる"瞬足"がメガネにも進出してきました。

小学生4~6年生におススメしたいメガネです。

フィット感の良い鼻あてとズリ落ちにくい耳かけモダンを採用し瞬足に相応しいメガネに仕上がっています。

レンズ付きで17,000円とリーズナブルです。

syunsoku1.jpg

syunsoku7.jpgsyunsoku6.jpgsyunsoku5.jpgsyunsoku3.jpgsyunsoku2.jpgsyunsoku4.jpg

先日掲載のハスキーノイズH-158を、チタニューム製にしたのが、下写真のH-164

シートチタンから切り出し製作で、ブリッジ一体型なのですっきりとしたウエーブラインが生きています。

両サイドの金色アクセントが、表情豊かにしてくれます。

H-158より、存在感が少なくメガネを着けた感がさらに軽減します。

H164-4.jpg

(H-164 クロ)

H164-3.jpgH164-2.jpg

(H-164 ダークブラウン)

H164-1.jpg

ハスキーノイズの新製品は、「薄く、軽くて、軽快に着ける」を意識したデザインです。

アーム式の調節可能な鼻パットに、耳かけテンプルには、超弾性のベーターチタニュウムを採用しました。

ツートンカラーの生地に合わせたレンズシェープで優しさを表現しています。

フレーム下部の透き通りカラーは存在感を抑えながらも

適度に自己主張をしてくれる。

メガネライフを楽しくしてくれるハスキーノイズ H-158です。

h158-1.jpgh158-9.jpgh158-8.jpgh158-2.jpgh158-3.jpgh158-6.jpgh158-7.jpgh158-4.jpgh158-5.jpg

H-158(写真上)を、シャープに仕上げたデザインがH-157(写真下)。

丸顔の女子には、H-157をおすすめします。

頬の印象をシャープ見せてくれます。

h157-0.jpgh157-3.jpgh157-4.jpgh157-1.jpgh157-2.jpg

杉本圭のプラスチックフレームの人気の秘密は、

乾燥状態が良く通常より厚いアセテート生地から切り出して作るところにある。

厚い生地は薄い生地より乾燥期間が長くなるため生地コストがかかってしまう。

その反面長期にわたって型崩れが少なくて快適なメガネライフを過ごすことができます。

ks-85-2.jpg ks-85-1.jpg

あたたかみを感じるアセテートを金属的な角度をキープしながら磨き上げる匠。

杉本圭のメガネフレームを手にされたとき、あなたは他との違いに気づかれるでしょう。

ks72-3.jpg ks72-2.jpgks72-1.jpg KS-71-1.jpgKS-71-2.jpg

お気に入りの杉本圭を見つけてください。

品番(写真上から) ks85 / ks72 / ks71 32,000

最近、人気の丸メガネ。ジャポニズム流は、品番JS123

微妙に変形させた丸型と、丸メガネでは珍しいまだら模様の生地色が着けた時、

やさしさと知的な印象を表現してくれる。

js123-1.jpg jn123-3.jpg jn123-2.jpg

フォーナインズの新作は、あっさり、掛けやすく、軽い形状を追求。

フロントを、強度的に問題ないところまでそぎ落とし、

調整可能な鼻あてと逆Rヒンジを採用。

今まで採用されたことのないであろう細身のテンプルは、

メガネを着けた時の横顔をシャープに見せてくれる。

np276-3.jpgnp276-2.jpgnp276-1.jpgnp275-2.jpgnp275-1.jpgnp05-1.jpg

<前のページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11