紫外線の増加とともにサングラスは、日常の必需品になりました。

でも、サングラスは、

「重くて鼻が痛くなる」

「外した時に鼻パッドの跡や化粧はげが気になる」など、

使いたくても使えなかった人たちに朗報です。

軽くて、楽に掛けられ、サングラスを外した時、

鼻の跡を気にしなくてよいサングラスが新発売されました。

構造はいたって簡単、コロンブスのたまご的な発想です。

レンズは、紫外線だけでなくブルー光線をもカットし、

鼻パットがないので、鼻部のへこみや色素沈着によるシミも予防できます。

アイウェア・オブ・ザ・イヤー 2016 サングラス部門受賞した優れもの。

カラーは4色、各色2本ずつの合計8本届いています。

次回の入荷見込みがありませんので、興味をお感じになられたらお早めにご確認ください。

アイウェア・オブ・ザ・イヤー 2016 サングラス部門受賞した優れもの。

IMGP5252.jpg

IMGP5286.jpg

専用ケース付 13,500円
20160227-3.jpg IMGP5284.jpg 20160227-1.jpg
耳かけと頬できっちり固定できます 頬パットの調整でとても安定性が良いのです 鼻あてパットがついていません

js114-bp3196-1.jpg

いま、ジャポニズムorベセペセを購入すると24cm×24cm四方の

ロゴ入りオリジナルレンズ拭きがついています。

js114-bp3196.jpg

ヨッロパテーストの色使いと、意外なデザインにいま、女性に大人気のBCPC(ベセペセ)。

写真のBP-3196は、2ミリのチタン板からくり抜いてフロント部に3ミリのチタン板を接続させ空間を演出しています。

この空間が意外な効果を引き出し、着ける人のやさしさを表現してくれます。(価格:27,000円)

ジャポニズムと言えば、どっしりと存在感の強いメガネフレームをイメージされる人も多いでしょう。

私もその一人です。

2016年モデルは、ジャポニズムのイメージを一新するデザインモデルが多く発売されました。

写真のJS-114もその一つです。細身で軽量化を図っていますが、フレーム構造はやっぱりジャポニズム。

一言でいえばガンダム構造。

斬新で機能的で好感が持てます。(価格:30,000円)

pb3196.jpg

js114.jpg

シートチタンの質感と、アセテート生地テンプルの組み合わせは、柔らかで心地よいかけ心地です

左右2つの軽量チタンリングを、1本のブローバーに露骨にジョイント。テンプルには肌触りのよいアセテート生地を繊細に組み合わせ、ジャポニズムらしい仕上がりだ。

nj3005-3.jpg

お仕事の時にだけメガネを着けるという女性におすすめのメガネフレームが届きました。

鼻にメガネ跡が残らないメガネです。

従来のメガネは、安定性に乏しく、おすすめできませんでしたが

新しいタイプは安心しておすすめできます。

かけ心地がうんと! 良くなり少々動き回ってもズレません。

フレーム価格:15,000円

nj3005-1.jpg

nj3005-2.jpg

側方の固定パットの改良で飛躍的に安定性が良くなりました。 側方の固定パットの位置を変えることで、お顔にピッタリお合わせ致します。耳当ても安定性に富んだラバー素材製なのでかけ心地も良くなりました。

feelsun-1.jpg

2月2日にフォーナインズの2016年 新作サングラスの発表会に行ってきた。

11モデル60バリエーションにて発売される。

今月中の入荷予定。

今回発売のスポーツサングラスにはフォーナインズ初の8カーブのレンズが搭載されピンク、イエロー、グリーンとカラフルカラーラインも用意される。

女性ファンに、おすすめしたいモデルはスポーツタイプを含め6モデル。

淡いレンズカラーと組み合わせた街なか仕様のサングラスも魅力です。

男性諸君におすすめは、メタルフレームとレンズの間にプラスチックを組み合わせたF05M。

AAA_5483.jpgAAA_5481.jpg

お客様の

  • 投稿日:
  • by

機器のコピー.jpg

go594-3.jpg

新素材HCアセテート製のプラスチックフレームがゴッシュよりリリースされた。

通常のアセテートに比べ強度が高いので細く薄く削ることができる。

軽いフロント部に超弾性の細くて軽いテンプルを組み合わせることで、

とっても軽いメガネに仕上がりました。

ボストン型のGO593(上写真中)とウエリントン型のGO594(上写真左)

価格はどちらも19,000円

go594-2.jpg

go594-1.jpg

フロントとテンプルの意外なカラーコーディネート手法は、ゴッシュの面白さの一つ 上写真の右フレームは、GO891。通常のアセテートとメタルテンプルの組み合わせ。価格は、15,500円
go905-1.jpg

ゴッシュの下リムナイロール"Go905" 

上部にふちが無いけれど、ナイロン糸で保持されているので安心してください。

メガネ選びのコツは、メガネでお顔を「いかにうまく二分する」かと云うこと。

前髪を、上にあげたくない女子におすすめしたいのが下リムナイロール。

前髪とメガネが被らないので、表情を明るく演出してくれます。

Go905は、両サイドが少し下がっているので、

面長な顔立ちで、前髪の長い女子に似合いそう。

go905-3.jpg

go905-2.jpg

「目は、口ほどにものを言う」と云うけれど、さりげない上目使いが、お茶目な印象を表現してくれそう。

目立たないフロントにキュートなカラーの耳かけテンプルは、着ける楽しみを増幅してくれます。

価格:14,000円

<前のページ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16