上の流れる写真をクリックしてください。詳細をご案内しています。

鼻当て修理・交換

鼻当て折れ修理

kurin1.jpg金属製のメガネフレーム

金属製のメガネフレームには、チタニューム製・ニッケル合金製・NT合金製・金製と材質は様々です。

チタン製にも、純チタン、チタンを芯にニッケル合金を巻いたクラットチタンなどがあり、素材に合わせた修理方法を選びます。

修理価格も素材により変わります。

一般的には、ロー付け修理をしますが、レーザーによる修理をすることもあります。

ロー付け修理をすると表面が焼けるためカラー付きのフレームは、修理後メッキ処理が必要です。

【修理価格の目安】  

ロー付け+メッキ仕上げ:¥5,000~¥7,000 (期間:7〜12日)   

ロー付のみ:¥2,000~¥3,000 (期間:即日〜4日)



プラスチック製のメガネフレーム修理hanaatebuhin.jpg

●金属製の鼻当の場合: 

折れた金具を抜き取り左右両方、新しいものを埋め込みます。

【修理価格の目安】 ¥3,000(期間:即日〜3日)

●プラスチック製の場合: 

鼻当部品が紛失していなければ再接着いたします。

【修理価格の目安】 ¥1,000(期間:1〜2日)

鼻当部品を紛失した場合、左右両方の鼻当てパットを貼り替えます。

【修理価格の目安】 ¥3,000(期間:1〜3日)  

鼻当て部品交換

hanamori.jpgメガネがズり落ちやすくまた、メガネにまつ毛や頬が触れてしまう人のために。

調整可能な鼻当てパット部品に交換加工いたします。

多種多様の鼻当て金具部品を用意しています。

【修理価格の目安】 ¥3,000(期間:1〜3日)



鼻当て交換 加工例(右写真)

大きめのサングラスで、頬に触れてしまうため

足長の調整できる鼻当てに付け替えました。


hanaate .jpg

ヨーロッパ仕様 (左写真上) の鼻当てを

日本仕様の鼻当て部品 (左写真下) に付け替えます。

【修理価格の目安】 ¥3,000(期間:1〜3日)



強く当たりすぎる鼻当てを削り掛け心地をよくします。3.jpg

【修理価格の目安】

 ¥1,000(期間:即日〜2日)







蝶番の修理

プラスチックフレームの蝶番修理

メガネ、サングラスの折れてしまった蝶番を交換修理いたします。

蝶番の種類は多く、すべてのメガネ、サングラスの蝶番をご用意することはできませんが国内で生産されたものならほとんど修理できると思います。

(インジェクション成型の蝶番一体型のサングラス、メガネは修理できません。)

tyoubanumekomiki.jpg蝶番を埋め込む機械を設備しています。

十数種類の蝶番を用意しています。

蝶番の噛合わせが合えば即日の修理が可能です。

【修理価格の目安】 ¥3,000(片側)

             ¥5,000(左右)

部品が合わない場合: 蝶番の準備に数日いただきます。





蝶番の交換修理例

tyoban.jpg

4.jpg

5tyouban.jpg

金属製メガネの蝶番修理

metatyou1.jpg

金属製の蝶番の修理は、金属製の鼻当て修理と同じ方法で直します。

表面カラーにより、ロー付け修理の後に再メッキを施します。

ロー付け+メッキ仕上げ:¥5,000~¥7,000 (期間:7〜12日)   

ロー付のみ:¥2,000~¥3,000 (期間:即日〜4日 部品が合わない場合: 蝶番の準備に数日いただきます。)





プラスチックフレームの鼻当を一山タイプに加工出来ますか?

加工出来ます。 右写真のようになります。

普通のプラスチックフレームは、鼻当てをつけることを前提にデザインされていますから単純にブリッジのところに一山タイプの鼻当てをつけるだけでは掛けた時にメガネの位置が下がってしまいます。

メガネの掛かる位置を考慮して下の方に一山タイプの鼻当てを付けます。

前から見た時、透明の鼻当てが見えることになりますが実際、顔に掛けた時は目立ちません。

IMGP2759.jpg

IMGP2760.jpg

IMGP2762.jpgIMGP2768.jpg
  アスリートのためのスポーツメガネ       

目   次

取り扱いブランド

地図案内

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
アドレスQRコード