記念日に

  • 投稿日:
  • by

新年1月最後の土曜日
開店後間もなく、若い女性が一人
「ここ、いいですか?!」と、私の立つカウンターの前に座った。
瞳は喜びに溢れていた。
オーダーの珈琲を前に置くと彼女は笑顔で語り始めた。
「昨年の11月に初めてこちらに来て今日が2度目なんですが、11月に来た時、入った瞬間に何だか解らない温もりに包まれたような感じがあり、食べても、飲んでもすべて美味しくて涙が込み上げてくるのを必死で堪えてました(笑)そして、その時から今日は絶対にこちらに来ようと決めていました。
実は明日が私の誕生日なんです[!!]30歳になります。
だから今日は20代最後の日なので、ここに来て勇気を出してカウンターに座りお話がしたいと思って来ました[!!]」

そう一気に話す彼女の心臓の高鳴りが聞こえてくるようでした。

そういえば...

昨年の12月29日にも
「私今日が45歳の誕生日なんです[!!]
25歳で2番目の子供を産んだ時、その子が二十歳になるまでは、どんなことがあっても頑張って生きよう!と無我夢中で生きてきました。
そして今日その日を迎えることが出来ました[!!]
だから今日は頑張った自分へのご褒美としてここへ必ず来たいと思ってました」と20年間の波瀾万丈な人生を涙と鼻水で語った女性がいました。

どうしたことか今30歳になろうとする彼女と45歳を迎えた彼女の座っている席がなんと同じ席なのでした[!!]

29歳の彼女もやはり悲しみを抱えてここに居ました。

人生の節目に、或いは記念日に訪れたくなる店
もしも珈琲屋吹野が彼女たちにとってそんな場所として位置付けられているとしたら...
とてもとても嬉しいことです。

彼女たちのこれからの人生が、ずっとずっと幸せでありますように...