若い世代に増えているスマホ老眼とある日突然2重に見える内斜視。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近、テレビで話題になるスマホ老眼と2重に見える内斜視。

なぜ? 若年層にその症状が出るのでしょ。

人の目は、何かを見ようとしたときに4つの動作を連携しながら瞬時に行います。

①対象物に視線を合わせるために眼球の外側についている眼筋を働かせます。

②毛様筋は、対象物にピントを合わせるために③水晶体を調整します。

④虹彩は、光の強弱に合わせて瞳孔の大きさを調整します。

長時間の一点集中凝視のために4つの働きのバランスが崩れたときに若年の老眼症状や2重に見える斜視が起きてしまうのです。

enpousi.png

目の状況により、起こりやすい人とそうでない人がでてきます。

それは、なぜ?

上図は、ボケッと遠くを見ているときの状態です。

健康な眼では、眼球を上下左右に動かすための筋肉も眼の中にあるピント合せのために働く毛様筋も緊張しない自然な状態にあります。

kinpousi.png

近くのものを見ようとしたとき上図のように、眼筋①が縮み対象物に眼球を向けます。

毛様筋②が縮み水晶体が膨らみピント合わせをします。

よりくっきり見るために瞳孔が縮みます。

この一連の動作を、遠くを見るとき、近くを見るときに、繰り返しています。

遠視があると水晶体を沢山膨らませなければピントが合いません。

毛様筋はより多く緊張し、それにつられて①の眼筋も沢山働いてしまいます。

一段と、寄り眼になってしまうのです。その結果、内斜視を引き起こしてしまいます。

近視の場合その逆で、もともと近くにピントがあっているため、水晶体を膨らませようとする毛様筋の働きが少なくなります。

したがって、①の眼筋の働きも少なく、寄り眼量も少なくなります。

そのため外斜視を引き起こす可能性を秘めています。

正しい眼鏡をかけることによって、正視と同じようにバランスの取 れた眼の働きを維持することが出来ます。

30センチ以内で視線を移動することなく(読書は文字を追っかけているが、スマホは画面の方を移動している)スマホの画面を長時間凝視することで、バランスが崩れ目の状況によってスマホ老眼や斜視の症状が出るわけです。

対処方法

・スマホを見る時間を少なくする。

・小刻みに休憩をとる。

・遠視や近視があれば、視力の矯正をしておく

・近見時の負担を少なくしてくれるアシストメガネを使用する。

・症状が現れてしまい、回復しない場合は、斜視矯正のメガネ等を使用する。

--------------------------------

--------------------------------