一見して旬の形、機能性を掛けた瞬間につたわる『シュン・キワミ』

いま、求められる旬のデザインを鯖江の最新技術をおりまぜながら、

吟味されたフレームを掛けて頂きたいという思いから作り上げられる『シュン・キワミ』。

シュン・キワミの内から、赤(KM1752)と黒(KM1754)のモデルを紹介します。

眉ラインに沿うようにデザインされたブローバーは、

中心部から外側に向けて徐々に厚みを変化させ、かけ心地と存在感を両立させた男のメガネ。

km1754-1.JPG

km1754-2.JPG

光沢のブラック、渋めの光沢レッド、あなたはどちを掛けますか。

km1752-1.JPG

km1752-2.JPG