老眼鏡を必要とする年齢は?

50歳前後で老眼鏡を使う人が一番多いように感じますが、その人の視力状態、体力、職業、対象物の大小、作業時間によって、メガネを掛け始める時期は変わるようです。

我慢を重ねて55歳まで頑張られる方もありますし体調を考え42歳で使われる方もあります。

適切な老眼鏡を掛けはじめる時期は、人それぞれに違う調節力と、見なければならないモノとの距離によって算出します。

調節力の算出方法を下記しますので個々の眼精疲労状況と併せ我慢しすぎない掛け時を推察していただければと思います。

正確なメガネの掛け始める時期を無料で測定していますので、お申し付けください。

老眼鏡が必要になる訳

40歳を過ぎた頃から、読書や長時間のパソコン作業などの近見視に、目の疲労を感じるようになります。

軽度の近視の人は近くが見やすいという利点を持っていますが、遠方までよく見えるという人は網膜の感度が良く、その症状を早期に感じてしまいます。

無意識のうちにピントを合わせてくれる水晶体(右図)が年齢と共に硬くなり調節力が低下してくるためです。

初期の頃は、遠くから急に近くの文字を見たり、その逆で、近くの文字を見ていて遠くを見たときピント合わせにタイムラグが出てきたりします。


無理しないで眼鏡を掛けた方が良い

右のグラフは、年代別の平均調節力を表したものです。40歳を境に徐々に調節力が低下しています。

45歳が老眼鏡を必要とする平均年齢と言われる理由も理解できまね。

同年齢でも調節力は違います。趣味やお仕事の内容によってもメガネの必要度は変わります。

手元から40㎝の文字を60分間以上読もうとすれば、4の調節力が必要になります。

30㎝なら4.8の調節力、50㎝ならの調節力があれば長時間の手元作業に耐えることができます。

もし、見たい距離に必要な調節力が足りなければ、メガネを使うべきです。見えるからと無理をして見続けると自律神経を刺激し身体全体に悪影響を及ぼしてしまいます。

eyes2.jpg

あなたの調節力は?

あなたの調節力を知る簡易的な方法を紹介します。

右の図を1メートル離れたところから両目で見つめながら画面(ディスプレ)に近づき、線がにじみ始めたところで、目と画面の距離を測ります。

お車の運転など外出時にメガネを掛ける人はそのメガネを着けて試してください。(老眼鏡は、掛けないでください)

keisansik.jpg目から画面までの距離が30㎝なら3.3の調節力になります。

にじむ距離が25cm以内なら老眼鏡の必要は無いでしょう。

にじむ距離が25cm~30㎝の人は長時間の近業作業時に老眼鏡が必要になります。35㎝以上なら老眼鏡の使用をお勧めします。

メガネをお作りになる前に眼科検診をおすすめいたします。

sihyou.jpg
tukaikata.jpg
ホコリをお水で洗い流します mizuarai.jpg
メガネルームアイの取り扱いプラスチックレンズのほとんどに、
お掃除のしやすい撥水コートが施されています。
汚れが落ちにくいときだけ、液体の中性洗剤を指先に
つけてレンズ面になじませ洗い流してください。
注) お湯、ぬるま湯はレンズを痛めます。
べっ甲等の自然素材フレーム、シートステンレス製のフレームは、水洗いをしないでください。
1枚目のキムワイプで水気をふき取ります。 renzumizutor.jpg
 レンズ面を指で軽く撫で、水をなじませると汚れを落としやすくなります。
2枚目のキムワイプで、仕上げ拭きをします。
migirenzufuki.jpg メガネを、左手の中指と人さし指で挟み親指で固定した方のレンズを拭きます。
他方のレンズを拭くときも、同じように左手中指と人さ し指でメガネの反対側から挟み親指で固定して拭いてください。
耳に掛ける部分(テンプル)も一緒に磨きましょう。
hidarrenzufuki.jpg
● メガネを、人さし指の第一関節あたりで挟むと拭きやすいです。
● 汚れが落ちにくいときには、③を繰り返してください。

メガネは掛けたり外したりしているうちに、どうしても緩み、ずり落ちやすくなってしまいます。

一カ月に百回以上も掛けはずしをしているのですから、フレームが広がってしまうのも仕方ありません。

三カ月に一度は顔に合わせ直すことをおすすめします。(無料)

それでも、ずり落ちるという人には滑りにくいシリコン製の鼻当てパットを用意しています。

私もこれを使っていますがグッドです。

激しいスポーツをするので、これではまだ、ずり落ちるという人には、耳かけのところに差し込むだけでずらなくなる「メガネグリップ」をおすすめします。

メガネは度数が合っていればOK。フレームは好みや流行に合わせて決めればよい。

メガネを選ぶ時、こんなふうに考えていませんか。

メガネは度数だけでなく、顔に対してのレンズの傾斜、目とレンズの距離、瞳とレンズの中心が一致していることが大切です。

また、小さすぎるフレームでは十分な視野が得られず、大きすぎるフレームでは周辺が歪んで見え、疲れの原因にもなります。

メガネ店で良く相談し、適切な大きさのフレームを選び正しいフィッティングをしてもらうことをおすすめします。

コンタクトレンズを装用する場合と、メガネをかける場合。

メガネは、かけた時に目とレンズの間に約12ミリのすきまができます。

目に直接乗せるコンククトレンズは、レンズと網膜の距離が、メガネに比べて約12ミリ短くなるのです。

12ミリの焦点のズレは、軽度の近視ではさほど問題になりませんが、近視の度が強くなるにしたがってコンタクトの度数とメガネの度数に開きがでてきます。

コンタクトと同じ度数でメガネをつくるのではなく、メガネはそれぞれの用途に合わせて調整しましょう。

メガネをつくる時は、専門医に検眼してもらうことが大切です。

コンタクトレンズをはずしてすぐの検眼は、度数が変化することがあるので注意しましょう。

と言っても何日もコンタクトを外すのは難しいですね。

度数が変化した場合でも保障してくれるお店を選べば安心です。

最近のプラスチックレンズの進化には目を見張ります。

ハードコートレンズに始まり、つるつるコートのレンズ、さらに傷つきにくくしたガードレンズ。

2008年11月より、さらに傷つきにくいHOYOのヴィーナスコート(社内比1.5倍)とキズのつきにくいレンズが目白押しです。  

レンズメーカーと仕様をチェックしてお求めください。

目に紫外線が入るだけで肌が黒く日焼けすることが、最近の実験結果で報じられています。

ご存知の方も多いことでしょう。

紫外線が目に入ると、その信号が脳の下垂体へ伝わり、全身にメラニン色素を生成するのだそうです。

いくら肌に日焼け止めクリームを塗っても、目に紫外線が入ると全身が黒く日焼けしてしまうわけですね。紫外線から目を守ること事は、美白ともつながるといえます。

日焼け止めクリームと同じように信頼できるサングラスの装用をおすすめします。

eyes1.jpg普段からメガネを使用している方は、45歳から50歳の間に遠近両用メガネをチャレンジされるのが良いでしょう。

20歳の健常な目は、遠方から目の前10cmのところまで難なくピントを合わせることが出来ますが、40歳になるとピントを合わせることのできる範囲は、遠方から25cm位になります。

50歳になるとピントが合う範囲はさらに狭まり、遠方から40cm位になります。

 体力や仕事の内容によりますが、42歳から50歳になるとほとんどの方がメガネが必要になるわけです。

 近視の人は、メガネ無しで近くの文字は読めますが、メガネを着けたままでは近くの文字は読み難くなります。

メガネの着けはずしが頻繁になってきます。

あるアンケートでは上司のいやなところのひとつに "メガネの着けはずし" が、あげられています。

青年から見れば書類を出すたびに「チョッと待って」とメガネをかける、はずす行為が理解できないのでしょう。

隣りで、メガネを掛けたり、外したりされる行為は他人にとって、とても目障りですね。

eyes2.jpg年齢と共に、目のピント調節力は低下します。

目を細めたり、手を伸ばして見るしぐさは、若々しいとは言えません。

度数が軽度なうちに遠近両用メガネのご使用をお奨めします。

35歳から40代前半の近視の方には、ファクションエリア設計のリーズナブルなレンズをご紹介します。




         

■遠方視力に自信のある方の場合、遠近両用メガネにこだわらないで趣味、お仕事など、必要状況に合わせたレンズを選ぶのがよいでしょう。

必要状況に合わせて、遠用部、近用部、中間部の度数変化度や度数分布など様々な設計のレンズを用意しています。

子供のメガネ選びは慎重に。

特に8歳以下のメガネ選びには注意が必要です。

子供メガネは、見るためと言うより、健全な成長を促すために必要なのです。

正常な視力の成長と、精神と運動能力の成長にまでも影響を与えかねません。

大人のメガネを縮小しただけでは、未発達な鼻や耳、ふっくらした頬に合わないのです。

お子さんがメガネ嫌いにならないように。

お子様一人ひとりに合わせて鼻当ての形状や厚みを選ぶことが大切です。

耳かけの長さ調整も大人より繊細に調整しましょう。

近視に限ってお話しすると、私生活に不自由になった時。

ただし、成人の場合。 

とは言っても、我慢強い人とそうでない人では、ずいぶんと違ってきそうなので目安をお話しします。

日常生活に困らないぎりぎりの視力は、0.4位でしょう。

それ以下なら、メガネを持っておくべきです。

視力が、0.2以下だと常用すべきです。

車の運転には、0.7以上の視力が求められますから、免許証をお持ちの方は、メガネを使用しなければなりません。

常用するのか、必要に合わせて使用するかは、私生活に関係します。

営業のお仕事だと0.7でメガネの常用が必要になるでしょう。

主婦業なら、0.4あれば室内で困ることも少ないと思います。

大人の近視の場合、軽度であれば、メガネの使用、非使用が目に及ぼす問題はほとんどありません。

メガネを使用しないために度数が進んだり、使用したから度数が進むこともありません。

中等度(-3.00)以上は、常時使用をお勧めします。 

調節(ピントを合わせる) と輻輳(見たいものに視線を合わせる)のバランスが崩れるからです。

注意!! 貴方の目は近視だけなのか、乱視が含まれているのか眼科などで確認してから判断してください。

幼児の場合は、出来るだけ早くのメガネ装用をお勧めします。

幼児の目の働きは未熟で成長と共に日常生活の中で確立されます。

健康な目の成長のためには早期の視力矯正が大切です。

幼児のメガネは着けているだけで目の成長を助けてくれるのでお子様をメガネ嫌いにしないことが大切です。