パソコンの普及とともに目を酷使してしまう現代。
生活シーンに合わせたメガネの使い方で快適な視生活が得られます。

スタッフの説明を見る

enkin1.jpg

 現在メガネ装用者40歳以上の約30%が遠近両用メガネを使用していとると言われています。

生活環境の変化を考えれば遠近両用メガネの必要性はさらに高まると思います。

そこで、使いやすい遠近両用メガネをつくるためにはフレームの選定も重要な要素になります。

遠近両用レンズ用のフレームサイズは、写真で示したように30mm~35mmの長さのものを選ぶのが良いと思います。

長さに幅があるのは、年齢と視生活によって変わるからです。

美容と実用の兼ね合いで意見は賛否両論ですが、

手元を見ることの少ない人は30mm位でも良いでしょう。でもそうでない人は最低32mmは確保した方が無難です。

縦幅の狭いフレームが流行で、それらに対応した遠近両用レンズも発売されています。

それらにはレンズ縦幅25mmまで可能な設計のレンズもありますが、遠近両用の初心者(上部の度数と下部の度数差の少ない人)に限って使用するべきだと思います。

幅の狭いレンズの中に遠が見える度数・中間が見える度数・近くが見える度数を共存させるのは窮屈で使いにくいのです。

スタッフの説明を見る

eyes1.jpg普段からメガネを使用している方は、45歳から50歳の間に遠近両用メガネをチャレンジされるのが良いでしょう。

20歳の健常な目は、遠方から目の前10cmのところまで難なくピントを合わせることが出来ますが、40歳になるとピントを合わせることのできる範囲は、遠方から25cm位になります。

50歳になるとピントが合う範囲はさらに狭まり、遠方から40cm位になります。

 体力や仕事の内容によりますが、42歳から50歳になるとほとんどの方がメガネが必要になるわけです。

 近視の人は、メガネ無しで近くの文字は読めますが、メガネを着けたままでは近くの文字は読み難くなります。

メガネの着けはずしが頻繁になってきます。

あるアンケートでは上司のいやなところのひとつに "メガネの着けはずし" が、あげられています。

青年から見れば書類を出すたびに「チョッと待って」とメガネをかける、はずす行為が理解できないのでしょう。

隣りで、メガネを掛けたり、外したりされる行為は他人にとって、とても目障りですね。

eyes2.jpg年齢と共に、目のピント調節力は低下します。

目を細めたり、手を伸ばして見るしぐさは、若々しいとは言えません。

度数が軽度なうちに遠近両用メガネのご使用をお奨めします。

35歳から40代前半の近視の方には、ファクションエリア設計のリーズナブルなレンズをご紹介します。




         

■遠方視力に自信のある方の場合、遠近両用メガネにこだわらないで趣味、お仕事など、必要状況に合わせたレンズを選ぶのがよいでしょう。

必要状況に合わせて、遠用部、近用部、中間部の度数変化度や度数分布など様々な設計のレンズを用意しています。

スタッフの説明を見る

無意識にしてしまうしぐさ、 遠く離れた人にも見られています。

容姿は若く見えてもそのしぐさが実年齢を表現しています。

メガネのレンズ選びにも、気を使いましょう。

趣味、お仕事、メガネ歴など、詳しくおお尋ねし、あなたに最適なレンズと度数をお選びします。

sigusa1.jpg

sigusa2.jpg

sigusa3.jpg

sigusa7.jpg

sigusa7.jpg

sigusa4.jpg

sigusa5.jpg

スタッフの説明を見る