必要な光。 不必要な光。

太陽から沢山の光が送られてきますが、人の目で感じることのできる光は可視光線だけです。

(波長は380~780nm)

 
  
 紫外線の有害性が広く知られ、赤外線の有害性についても研究が進められています。 

下の図は、紫外線・可視光線・赤外線を波長で表したものです。

紫外線より短波長になるとエックス線、ガンマー線になり、赤外線より長波長が電波域になります。

visible.jpg

比視感度曲線

可視光線の範囲でも、人の眼は明るさの感じ方が違います。
下の表は、健常者の平均的な光に対する明るさの感度を表しています。

01.gif

明るい所では555nm付近の光を最も強く感じ、暗いところでは507nm付近の光を最も強く感じます。

読書には、白い紙が白く見えるバランスのとれた照明器具を選びましょう。

波長の短い光は(青色) 乱反射しやすく、読書の邪魔になります。
波長の短い光線を低減させるカラーレンズは、文字のコントラストを高め読みやすくします。

年齢と明るさ感

20歳の青年が100Wの電灯で見ると同等の見え方を求めようとするには40歳で140W。
60歳で200W。 80歳では350Wの光量が必要です。

akar.jpg

年齢とともに、水晶体や硝子体の透明度の低下が原因と考えられています。

照明器具の角度と古くなった電球を取り替えましょう。

年齢と共にデジタル映像からアナログ映像に

年齢とともに目のフイルムの働きをする網膜の粒子が荒くなるため、

ハイビジョンテレビのように鮮明に見えていた景色もアナログテレビ見る景色に変化してきます。

下の表は、健常者の年齢による平均的な視力です。

age3.jpg

年齢と共に明るさ感だけでなく視力も弱くなります。

品質の良いレンズを使用することが大切になります。

無限遠方から眼に入ってきた光は波長によって焦点を結ぶ距離が変わります。

人が一番感じる黄緑色の光(555nm)が網膜上に結像したときに、

黄緑色光より短い波長(青色の光)は網膜手前で、長い波長(赤色の光)は、網膜の後方に結像します。

bulcat1.jpg

網膜に焦点を合わせてみているようでも波長によって焦点距離に差が出てくることになります。

このようにすべての光を網膜上に結ばせることはできません。

bulcat2.jpg

短波長光をカットするレンズを装用した場合、その焦点距離の差が小さくなるのでシャープに見ることができます。

短波長の光線は、空気中のホコリだけでなく眼球内の濁りなどにも反射しやすい光なので取り除くことによって眼精疲労の軽減にもつながります。

パソコン・日常の保護用メガネ 7,350円

ブルー光線カットレンズの種類 

ブルー光線カットレンズと称されて販売されているものには3種類があります。

① ブルー光線を反射させるタイプ

レンズは、無色に近いが、青色を反射させるためレンズ表面が青く反射する。

白い紙の上にレンズを置いたとき青色をカットしているので黄色味おびて見える。

② 特殊染色カラーによって吸収カットするもの

メーカーによってさまざまな色のレンズが発売されています。

テストレンズにて効果と肌うつりを考えながら色合いと濃淡を選ぶことができます。

③ ①と②を組み合わせたタイプ

ブルー光線カットカラーレンズの表面にさらにブルー光線を反射させる膜を蒸着させる。

最もコントラスト効果が得られます。

④ サングラスと同じように色が付いているだけのもの。

ブルー光線カットのために加工されていないので、透過率曲線表を考慮しながら、用途に合わせて色合いを決める。