1970年代に風靡した丈夫なブローラインフレームの復活

  • 投稿日:
  • by
s-210.jpg

懐かしいデザインのメガネフレームだが、当時の技術と部品材料の質は格段に違う。

8ミリのアセテート生地をコンピュータ―カッティングにより正確にフォルムを削りだし、

フロントに内包された金属リムには模様が刻み込まれ好感が持てる。

フロントとテンプルとの噛み合わせは通常と違った特徴的構造で美しい。

s-210-1.jpg

s-210-2.jpg

高い技術を必要とする特徴的な噛み合わせは、フロントからテンプルへとつながるラインを美しく見せる。

チタンリムに溶接されたU字の箱パット部品は、専用にデザインされた心地よい鼻パットだけでなく種々な鼻パットに交換できる。

価格:28,000円

--------------------------------