メガネとファッション: レッスンアーカイブ

レッスンの最近のブログ記事

 

ioft での予約のフレームが届き始めました。

 

とてもきれいで大胆なプラスチック生地を使い、

ボリーム感を少なく、着け心地よいマイスドロートーキョー。

プラスチック生地が薄いので用いられているカシメ蝶番が

フロントサイドの飾りにもなっています。

 

2011年レディースモデル JD715は 

2010 ioft jd 715.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントの上リムラインにほんの少しエッジが効いて

目元の優しい方にも似合います。 

 

JD716は

2010 ioft jd 716.jpg

下リムの上昇ラインはリフトアップ効果があります。 

フロントサイドにボリームを持たせているので

面長なお顔立ちで頬骨の気になる方にもおススメです。

 

マイスドロートーキョーは、2011年 レディースモデルとしてお気に入りの逸品です。

 

2008年、ねずみ年にスタートした マイスドロートーキョー。

『鼠が塩を引く』 のことわざから命名されたと、

ioftのブースでデザイナーの塩路さんからお聞きしました。

これからも楽しみなブランドのひとつです。

 


大好きなlafont.では気になる

今注目のアイメイク効果のあるフレームでレッスンしてみましょう。

 

メガネフレームは瞳の額縁です。瞳を綺麗に見せる事も大事なポイントです。

デザインで眼の周りの気になるポイントをカバーします。

そこで、JEAN LAFONT  DOUCEUR                                             

lafont1.jpg     

lafont2.jpg 

張り合わせたフレーム生地の色や柄を段落ちさせて

上リムと下リムに変化を持たせています。

 

私のお気に入りのこのデザインは下リムからのラインが上に向かった上昇ライン

この下リムのラインはリフトアップ効果有り。

上リムの直線的なラインもフロントサイドはあまり丸く仕上げていないので

目尻が気になる方や、きりっと見せたい優しい目元の方にもオススメです。

ちょっと、気になるお年頃のアンチエイジなフレームです。

 


gosh-561.562.jpg

メガネ選びのポイントを

GOSHの561と562で見てみましょう。

 

どちらも同じテンプルです。

ステンレスを抜いて、段落ちさせて七宝の飾りが入っています。

フロント部分が変わることで表情が変わりますね。

 

 

  go-561.jpg 

メタルフレームの561はナイロールなのでメガネ初心者の方も抵抗感が少ないですね。

お顔に長さを感じさせたい小さなお顔型や丸顔の方も合いますね。

フロントサイドがオープンなので眼と眼の幅の広い方にも似合うデザインです。
 

 

go-562.jpg

562はフロントがプラスチックなので561に比べて存在感がありますね。

お顔の縦の長さカットしますので面長なお顔型の方に似合います。

またフロントサイドにボリュームがあるので眼の幅の狭い方にも合いますね。

 

どちらも普通ぽくてちょっと変化を楽しみたい方にオススメです。

テンプルに施してあるステンレスの透かし柄が掛け心地を良くしています。

掛け心地もメガネ選びの大切なポイントですね。 一度着けてみて下さい。 

 


にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ
全国のメガネ屋さん情報がご覧になれます。


最近のコメント

アーカイブ

メールマガジンの購読

次のフォームからメールアドレスを登録するだけで、このサイトのブログをメールで受け取ることができます。どうぞご利用ください。


メールマガジン購読解除

メールマガジンの購読を解除するには、次のフォームにメールアドレスを入力して「購読を解除」をクリックしてください。


アドレスQRコード