大正ロマン - メガネとファッション

大正ロマン

| コメント(2)

今年はじめてタティングレースを編みました。

 

t.re-su.jpg

タティングシャトルと呼ばれる舟形をした糸を巻く道具で

糸の上下を往復させ結んで編み出していくレースです。

中世ヨーロッパで貴族達のカフスや胸飾りに用いられ

優美さと甘美さを彩らせていました。

今、タティングレース編みが静かなブームの兆しですが、

日本では大正から昭和初期に流行していたことを知りとても驚きました。

その頃、レース使いの服装はきっと『ハイカラさん』と呼ばれていたことでしょう。

 

そんな時代背景のアンティ-クレースは今期流行の

クラシックのファッションスタイルには欠かせないものなのかもしれません。

 

アイファッションとしてのメガネで、レースといって思い出すのは  『lafont.』

何年か前、レースをデザインしたフレームをはじめて見た時はとても感動した。

 

lafont.princesse.jpg

 

lafont.roxanne.ajpg.jpg

 

そして、今年、正統派クラシックのスタイルが流行するなか、

ioftで新しいレース使いのフレームを予約してきました。

KAMUROのブースでお相手をしてくださった

禿 愛子 さんのフレームは

奥ゆかしく凛とした、まるで古きよき日本のようなレース使いのフレームでした。

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。よろしければポチしてください〜

ファッションブログ メガネ・サングラス

携帯の方はこちらからお願いします。


コメント(2)

レース模様のフレームなんて珍しくて可愛いですね!!
黒色のフレームなら普段からでも使えそうだと思いました。

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ
全国のメガネ屋さん情報がご覧になれます。


最近のコメント

アーカイブ

メールマガジンの購読

次のフォームからメールアドレスを登録するだけで、このサイトのブログをメールで受け取ることができます。どうぞご利用ください。


メールマガジン購読解除

メールマガジンの購読を解除するには、次のフォームにメールアドレスを入力して「購読を解除」をクリックしてください。


アドレスQRコード